« August 2004 | Main | October 2004 »

September 30, 2004

山中さんへトラックバック

どうも、最近プレイ数が少ないかなと思って今確認したところ、ここ一週間
ぐらいでチーム戦を除くと2試合しかやってないことに気が付きました・・・。

かと言って、別にヌバ病(仮)というわけではありませんのでご安心を。
もう明日からリーグ戦ということで今日からプレイ数を増やしていく予定です。


で、山中さんのブログにチーム分析がありましたので今回はそれにトラックバック。

ちなみに山中さんのブログ、暇なのかDC廃人なのかわかりませんが、いつも
素晴らしい記事を書いていてとても参考になるので、皆さんにもお勧めです。

むしろ、DCプレイヤーブログのリンク集として重宝してますw 
冗談です、いや半分ホントです。
(毒舌辛口ブログを目指してるので、言葉遣いの悪さは愛嬌で流してくださいね。)


で、バトルの分析なんですけど、なかなか的を射ているなと思います。

>DHのSUZUKIさんが攻守にわたってどれだけ効果的なパスを散らせるかが鍵
とありますが、個人的には、9月以降入団したユースサテメンバーの成長を期待
しています。バトルのリーグ戦の成績を担う鍵は彼らでしょう。きっと。

私としては、相手の良さを如何に消していくかという戦いになると思いますので
山中さんの分析は参考にさせて頂きます。感謝感謝。


最後に余談ですが、新人を獲得して育てるというのは大変なことですね。
多くの古参チームがそれをしない理由をなんとなく理解してきた今日この頃。
古参なのにうちと同じように新人を受け入れている、RRさんとEMPZさんには
物凄いパワーがあるのでしょう。素晴らしいです。

というわけで皆さん、リーグ戦頑張りましょう、ではまた。

| | Comments (136) | TrackBack (0)

September 28, 2004

割と面白いね、人狼。

なんだか最近DCプレイヤーのブログが多くてびっくりしてます・・・。
なので、私のとこにリンクしてあるブログはこちらからもリンクしておきます。

それをそうとベアさんのブログで知った、「汝は人狼なりや?」が面白いです・・・。
どうしても時間がかかるため、予習してから一人で参戦してみましたが、
これほど頭を悩ませていろいろ考えたのは久々かもしれません。

もしかすると皆さんプレイしたことあるかもしれませんが、これから始める方の
タメに、少し人狼講座でもしたいと思います。

まずはココのBBSと最初に書いてあるルール説明やプレイ会場をお気に入りに
いれておきましょう。

ルールを大体把握したら、観戦かログを読んで雰囲気をつかみます。
初めはプレイ人数が8~14人の(「妖狐」が登場しない時の)ログを読むのがお勧め
です。

ある程度感覚を掴めたら、観戦するのが良いでしょうか。これでゲームのテンポと
流れが分かると思います。
初心者がいきなり参戦すると、何も言えないままゲームが進んでしまい、発言数の
少なさから怪しく思われてしまい、いきなり終了ということにもなりかねません。

ある程度流れを掴めたらいざ参戦してみましょう。手順は、
1、上のリンクのBBSなどで、新しい村の告知を探す
2、村が立っていたら、会場に行き、村民登録。
3.村に行って自分の登録した名前を選び、パスをいれる。

あとは、人数があつまってスタートするのを待つだけです。
スタートすると自分の役割が決定しますので、なんとかこなしてくださいね。
気が向いたら次回はもう少し人狼について書くかもしれません。
ではまた。

| | Comments (45) | TrackBack (0)

September 24, 2004

ゴルフ×2

え~、昨日と一昨日の二日連続でラウンドしてきました。
初の連荘。始めてから12と13回目のラウンドです。

初日。朝の練習ではイマイチでしたが、一打目から何故か絶好調が続きます。
私ぐらいのレベルだと、ダボペースでいかにボギーを取っていくかという気持ち
なのですが、ショットが冴えまくってダボを叩く気配が無かったのです。
そして、ボギー6、パー2、バーディー1と信じられないスコア。
計算すると、41!ハーフベストスコアです。
なんだか、100切りどころか90切りを狙えそうな感じです。

しかし、そううまくはいかないのがゴルフ。
昼食を挟んでの後半の一打目。力が入ったのか、出ましたOB・・・。
それを取り替えそうと無理をしてしまい、いきなり+5叩いてしまいました。

その後、逆に気持ちが楽になりボギー。だけど、頑張ろうとするとダボ、トリ。
うーん、改めてメンタルなスポーツだなと思い知らされるわけです。

結局後半はダボペースの54で合計95。前半の貯金のおかげでなんとかベスト
スコアを更新することができました。
ベストスコア、ベストハーフ、ベストパット数、初バーディ、16yロングパットと
この日のラウンドは記録ずくしでした。

そして、二日目。この日は朝一からパーを取れたものの、調子は昨日の後半
のような感じで、OUT・INともに52で104。いまいちパッとしないラウンドでしたが、
実力的にはこんなものかな、という感じでしょうか。

オチのない日記でした。ゴルフ談義が出来る人、募集中ですw
ではまた。

| | Comments (57) | TrackBack (0)

September 20, 2004

ハットトリック

先日の磐田-鹿島戦、ご覧になられましたでしょうか・・・。
週末のスポーツニュースなどで知っていると思いますが、鹿島の鈴木選手が
初のハットトリックの偉業をみせてくれました。

1点目はクロスからヘッドでやや後方に流す技ありゴール。
2点目は鈴木らしいPKゲットを自らが決めるナイスゴール。
3点目はバロンがヘッドで流したボールに素早く反応し、ゴール前で
左足シュートフェイントで切り替えして右足でゴール。え?これ鈴木?
と思わせるようなゴール。
(見逃した方はIRCまでどうぞ。)
その他もかなり良い感じの場面もありましたね。

でも磐田の開幕から勝ち星がない状態にガッカリしつつ、鈴木のハットなんて
もう二度と見れないかもしれないし、なんか複雑な心境。

磐田はそのうち立て直してくる力はあると思うので鈴木の初ハットに
素直におめでとう、といっておきます。

そういえば、大久保もハットを記録しましたが、初めてだったのね。
こちらは意外だなw

ではまた。

| | Comments (274) | TrackBack (0)

September 17, 2004

DCフットサルリーグ

グループリーグの日程が終了しました。
バトルは2勝1敗2分、勝ち点8、勝ち点1の差で3位と言う結果。
一段落したので、リーグ戦を振り返ってみたいと思います。

まず今回は、バトルの攻撃の要とも言えるクヴェ氏がCZでの参戦。
更に、守備の要であるタル氏はWZからの参戦ということで、残った
メンバーでどれだけできるかが試されることに。

この時点ではメンツにかけて最下位だけは避けたいと思ってました。

とりあえず、ユース・サテからメンバー補充か急務でしたので(10月
の9人制リーグもあるし)数名を獲得したのですが、やはり経験の差は
歴然でした。
初戦は攻守の動きの効率の悪さ・遅さから、後方からの組み立てが
殆どできず、かなりの苦戦。
失礼ながら、一番楽な相手だと思っていたのですが、負けてもおかしくない
内容ではありました。

これを立て直すために、応急処置として考えたのが
「フットサルの特徴である流動的な役割をあえて固定することで、各員の
効率の悪い曖昧な動きを少なくすること」
新人が対応するにはシステムの単純化が一番で、RRはカウンターを徹底
していたのが印象的でした。

守備のリスクを減らすところはカウンター戦術と似ていますが、バトルの場合
相手にもそうさせることで、拮抗した試合展開に持っていくということが狙い
だったわけです。

IGM戦では役割を固定したことで、一人の守備から攻撃への動きだけで
チャンスを作ることができたと思います。

優勝候補のWZ戦でも、個人技に翻弄されながらもうまくバトルのペースに
持っていくことが出来て、拮抗した試合展開の中、もう少しで勝てそうな
惜しい試合になりました。勝者のメンタルが欠けていたと思います。

RR戦では、相手の徹底したカウンター戦術に戸惑いながらも、こちらの思惑
とも噛み合い、うまく試合を進めることができました。
ただ、攻撃に関しては物足りなかった部分がありましたね。

Foot戦は、フェッラーリさんの催眠術にかかってしま(ry 
えー、作戦云々の前にメンタル部分での弱さが浮き彫りになってしまい
残念な結果になりましたが、メンタルの重要性を再認識させてもらいました。
後半はうまく切り替えることができたのが、唯一の救いでしょうか。

総合的に見れば、実力通りかそれ以上の結果は残せたと思います。
他にも作戦はあったのですが、それは非公開ということにしておきます。

ということで決勝に進んだ皆さん、引き続き頑張ってください。
ではまた。

| | Comments (209) | TrackBack (0)

September 16, 2004

気がついたら、   &CL

随分と更新してなかったですね。

チームが新しくなって、新人を獲得したり、DCやZCのリーグ戦があったり
バトルのチームサイトを移転リニューアルしたりと若干忙しい今日この頃
なわけです。

それはそうと、今朝のレバークーゼン-レアルマドリーの試合は面白かった。
マドリーファンの方には残念な結果でしたが、01-02レバークーゼンに魅せら
れたミーハーな私としては、とても興奮してしまいました。


あの頃とはメンバーもガラっと変わりましたけど、当時を彷彿させるような
サッカーはハマればかなり楽しいですね。
今年もまた、CLでレバークーゼン旋風を巻き起こして欲しいものです。
ただ、選手層の薄さが心配ではありますが・・・。

| | Comments (75) | TrackBack (0)

September 06, 2004

バイオていうかミラ

先日の診断テストの結果を書いてくれた方々、なかなか面白かったです。
どうもありがとうございました。

んで、たまにはノブさんにトラックバックしてみる。

私が以前、旧ニャン記録の方でお勧め映画特集やった時にバイオハザード
を挙げていましたね。
今見てみたら、私のお勧め度は1800ニャン、ミラに2000ニャンでしたw
(ちなみに2004年1月のところ)

そう、ちゃんと内容も面白い。更にミラが素敵すぎるわけ。
で、先日のTV放送を見たところ、ただ一つね、どうにも受け入れられない点が・・・。

吹き替えの声、なんでそんなゴッツイおばちゃんの声なのよ!
もう違和感ありまくりで台無しです。
なんか画面に居ない人がしゃべってるみたい。(実際そうだけども)

別に画質とか音質には拘らない私ですけど、これにはガッカリしました。
吹き替えで見るもんじゃないですね。映画は。


ゲームのバイオハザードで行きたい方向へ歩けずに挫折したニャンでした。
ではまた。

| | Comments (8329) | TrackBack (1)

September 02, 2004

もう9月か・・・偶然

企画第二弾、偶然ですね。

ヌバさんみたいに陽気にサザエさんなど歌ったりしないので、なかなか
偶然は起こりませんね、私は。
しかも「きょ~もいい天気~♪」ってあんた、フルコーラスですかそうですか。

というのは冗談で、そもそも偶然とは思いがけないことであり、滅多にない
から偶然であって、そんなにネタがあるわけがない。



更に偶然と思えることが実は必然だったりすることもよくあると思います。

私はバトルメンの誰かと同じ誕生日です、実は。
驚きはしませんが、これはまぁまぁ偶然と思えるかもしれません。

しかし、よく考えてみれば、
今まで出会った人の中で同じ誕生日の人が居なかったので、そろそろ出会っても
なんの不思議もない。
となり、「そのうち出会うことは必然」と思うわけです。
よってこのレベルだと、偶然というにはまだまだなのです。

偶然というのは、もっとドラマチックかつロマンティックでなくては。
海で溺れて助けた人と職場で偶然の再会! とか
医療研究をしていたら、偶然違うウイルスのワクチンを発見! とかさ。
うん、ないね。ないさ。

あ~、そいうえば、
高校の時、「ある人と一緒に帰りたい」と思ったら、偶然帰る時間や道が同じになった
りしましたね。
ま、偶然を装っていたのは言うまでもありませんがw

そんな偶然とは無縁なニャンでした。ではまた。

| | Comments (54) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »