« March 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

松井のように

バッティングセンター。私の周りではバッセンと呼んでましたね。

で、先日ヌバさんが第4号ホームランを打ったとのこと。
一応、過去の貯金が10本以上あるものの、うかうかしてたら今期0アーチの
私は追い越されそうです。なので、また行ってきましたよ。

ホントは記録なんてどうでもいいんですけど、ネタ作りを兼ねてと・・・。

んで5ゲームやってまたもやノーアーチ。1度、弱い弾道で的の端に当たった
と思うのですが、反応せず・・・。
今期、20ゲームぐらいやってHRが出てません。松井ばりのスランプなのか。

というか、マシンがボロくなったのかコントロールが悪い気がします。

ちなみに、そのマシンは80・90・100で3段階の球速と高低が調節できるもの。
1ゲームで20~25球ぐらいだと思いますが、そのうちストライクは半分ぐらいで
しょうか。甘いコースとなるとその半分もない気がします。
高さの調節をしても、バラつきがあるので結局あまり変わらない・・・。

そのうちボール球を見送ったりカットしたりとかしてて、甘いボールを逃したりw

皆が行ってるとこはどのくらいの精度のボール投げてくれるのでしょうかね?
ちょっと気になります。少し遠いけど他のとこ行ってみようかな・・・。

ちょっと言い訳くさい日記でしたw
ではまた。

| | Comments (130) | TrackBack (0)

May 30, 2005

名言・ポイズン編

チュース、

ジュリさんのブログに、TSで愚痴って各地からブーイングとありました。
先日私もバトルの練習試合の後に、愚痴言うな、と指摘されました。。。

実際自分では、チームメイトに愚痴を言ってるという意識が全くなかった
ので指摘された時は、「え、マジ?」とかなり動揺してましたね・・・。

はっきりと内容を覚えていないのですが、少なくとも不快と感じた人に対して
改めて謝罪しておこうと思います。すいませんでした。


なんか反省とは逆なんですけど、ふとあの名言?が頭をよぎりました。
「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~♪」



というかやっぱり、大事なのは言い方なんでしょうね。こういうことは。
そういえば、今期絶好調の千葉ロッテのバレンタイン監督は選手にあまり
文句を言わずに、とにかく良いところを褒めるらしいですね。

全然立場は違うんですけど、その辺りもう少しポジティブな感じでやって行
ければなと思います。

ではまた・・・。

| | Comments (500) | TrackBack (0)

May 28, 2005

(誕生日を)祝ってもらうのは1年ぶりなんで・・・

◆キリンカップ
2連敗でホーム開催のキリンカップは最下位という結果でしたね。
結果はともかくとして小野のトップ下wが良い感じ。ただ運動量少ないし、
ボランチとしてはどうかと思う場面が多々あったような・・・。
バーレーン戦では俊輔、中田など加わってどうなるのか見物です。

◆DC
リーグ戦が開幕しました。
今回はDC初の2部制リーグということで、上位争い以外にもいろいろ
注目できて盛り上がりそうですね。
実際、昨日は最大ログイン数が250人という時間帯もあったようです。

バトルは2試合を消化して2勝と結果は上々。これからも厳しい試合が
続くでしょうが、頑張りたいですね。
感想は全試合終わってから書こうかと思います。

それと、背番号が固定されましたね。
私は鈴木隆行選手と同じ30にしてみました。サクラのジュリさんも30
をつけてるのですけど、彼は選手として30番をつけていたらしいです。

私は、決してナニかの長さというわけではありません。

◆鈴木隆行
今日のタイトルは彼の名言です。
鈴木隆行といえば、私のDCネームSUZUKIの由来の選手なんですけど、
意外にもあまり鈴木に関して語ったことがないですよね、私。

日本代表などの試合を見て、鈴木ダメだーって思う人は結構いると思い
ます。私も凄く良いプレイヤーだとは思いません。が、好きなんです。
といっても、盲目的な信者というわけでもないのです。

あまり鈴木を知らない・好きじゃないって人は、少し古いですが
NumberWebのインタビュー
を一度読んでみてください。彼の良さが少しわかるかもしれません。

日本代表に鈴木隆行が不要になった時、日本が強豪国になれるのです。
そしてそうなる日が来る事を願っている私SUZUKIなのでした。

ではまた。

| | Comments (101) | TrackBack (0)

May 27, 2005

サッカー名言 プラティニ編

最近のDCでは、どちらかといえばロースコアな試合が好きです。

このセリフを知ってる人も多いでしょう。
「サッカーはミスのスポーツ、プレイヤーが完璧なプレイをしたらスコアは永遠に0対0のままだ。」
プラティニの有名すぎる名言です。
サッカーの勝敗を分けるのはゴールですが、逆を言えば,殆どのゴールの影には
必ずミスが存在しているということです。

実際の一流選手と私たちがDCでやっているモノとは次元が違いすぎますけど、
失点を減らすにはミスを減らすという簡単な図式は共通していると思います。
そして、ゴールを決めるには相手にミスをさせればいいのです。

レベルが高い=ミスが少ないからゴールも少ないという考えなのです。

その時の状況にもよりますが、自チーム又は自分がゴールを決めた時でも相手チーム
の簡単なミスによる得点を素直に喜べず、残念に思うことがあります。
私が変わり者なのかもしれませんが・・・。

ただ、これを読んだ人がネガティブな方向にばかり受け取って欲しくないと思います。

サッカー(DC)には高レベルのプレイヤーが許容できる範囲すら超越した、ミラクルな
プレイもまた存在するわけです。
そういったファインプレーがミスを帳消しにしてくれるのもまたサッカーの醍醐味ですしね。

ミスを減らすことは大事ですが、それだけに終始していたらミラクルもまたありえません。
かといって、ファインプレーばかり狙っていては単なる波の荒い選手に成り下がります。

その辺のバランスが良いプレイヤーというのが、本当の一流選手と言えるんだと思います。


結局何が言いたいかよくわからなくなりました・・・。ま、好みですよ。
ロースコアでのミスが許されないという緊張感のある試合が好きなんです。

今日からリーグ戦です。皆さん、緊張感を持って集中力を切らさない試合をしましょう。
ではまた。

| | Comments (234) | TrackBack (0)

May 13, 2005

5/13 近況など

前回からもう2ヶ月もたっていました。
物凄い放置ぶりでしたが、その間にもいろいろありました。

◆DC関係
第3回DC杯ではバトルが9人戦大会での初優勝を飾りました。
がしかし、なんと私は準決勝・決勝という大事な試合を欠場。
えぇ、日程を勘違いしていました。どうもご迷惑かけました・・・。
いや、むしろそのおかげで優勝したのかな?w

思い返せば、OSスクエニ報道直後に結成されたバトルイレブン。
結成から約2年の時が経っているのですね、感慨深いです。


そしてリーグ戦を控えたDCでは、新たにジャンプや鳥目の仕様が
変わって四苦八苦してる人もいるようですね。
ジャンプはすぐに対応できますけど、視点の変更は戸惑いそうですね。
私はDC初期からカメラディスタンス43なので影響がなくてラッキーでした
が、50にしないといけない日が来るのか、少し心配ですね。
まぁ、そうなったら慣れるまでのことですが・・・。

あと心配なのはTSを使ったプレイ、これはどうなんでしょうか。
あまりにも有利に働くというのなら制限されることになるのかな。
実際使ってみると、そこまでの有利さは感じませんけど・・・。
むしろ、lg値が増えてしまい、ドリブルが弱くなる気がしました。
ただ、有利になるかどうかは微妙ですが、DCがもっと楽しくなるのは確実
だと思いました・・・。


◆その他
・前回のゴルフは55/44の99。練習不足のため、前半ボロボロでした。
今年中に90切りたいところです。。。

・PS2のフロントミッションオンラインを買いました。U.S.N.で主にメカをプレイ中。
メカというのはFPSでいう、メディックのようなジョブです。
いないでしょうが、私に癒されたい方の参戦をお待ちしてます…。(要BBユニットです)


近況でした。ではまた。

| | Comments (128) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | June 2005 »