July 13, 2005

破壊王

橋本真也の死去について取り上げてる人が意外にも少ないですね。。。リンクの中ではmichofuさんが一言触れているぐらいでしょうか。プロレス好きな人が少ないのと、若い人が多いのもあるでしょうか。
私も鶴田が死んだ時はあまり感じなかったですしね。

ですがミーハーな私ですから、当然、プロレスにも一時期ハマっていたことがありまして、新日のnWoジャパンあたりから数年前ぐらいまで特に良く見てました。ヘビー級は闘魂三銃士+佐々木健介の全盛期でしたね。

どちらかといえば私は武藤派でして、マットや布団でフラッシングエルボーやラウンディングボディプレスを真似して遊んだりしていましたが、これは私だけではないはず。。。

話は逸れましたが、橋本はその見た目もインパクトが強く、水平蹴りや、DDTなどを思い出す人も多いでしょうが、倒れてるところにコーナーからのストンピングが一番痛いんじゃないかと思ってましたね。そりゃ死ぬよと。
そしてやはり一番印象に残っているのは小川との対決ですかね。コアなファンだったらここでマニアックなベストバウトを持ってくるのでしょうが、ミーハーな私は小川にボコボコにされたあの試合がかなりの衝撃でした。

そんな私の短いプロレスファン歴のメインにいた一人である橋本が亡くなったのです。
スポーツ新聞で各選手のコメントを読んでいたら自然とが目に汗が。。。あぁ、私もたまにはこんな気持ちになることがあるみたいです。こんな気持ちというのは、単なる悲しさではなく、切なさや懐かしさに似た青春時代を思い出して涙するのに近い感じ。語彙のない私ではあらわせないようです・・・orz

まぁ、久々にそんな感情を持ったので記事にしてみました。改めて、ご冥福をお祈りします。 (-∧-)合掌

ではまた。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

May 31, 2005

松井のように

バッティングセンター。私の周りではバッセンと呼んでましたね。

で、先日ヌバさんが第4号ホームランを打ったとのこと。
一応、過去の貯金が10本以上あるものの、うかうかしてたら今期0アーチの
私は追い越されそうです。なので、また行ってきましたよ。

ホントは記録なんてどうでもいいんですけど、ネタ作りを兼ねてと・・・。

んで5ゲームやってまたもやノーアーチ。1度、弱い弾道で的の端に当たった
と思うのですが、反応せず・・・。
今期、20ゲームぐらいやってHRが出てません。松井ばりのスランプなのか。

というか、マシンがボロくなったのかコントロールが悪い気がします。

ちなみに、そのマシンは80・90・100で3段階の球速と高低が調節できるもの。
1ゲームで20~25球ぐらいだと思いますが、そのうちストライクは半分ぐらいで
しょうか。甘いコースとなるとその半分もない気がします。
高さの調節をしても、バラつきがあるので結局あまり変わらない・・・。

そのうちボール球を見送ったりカットしたりとかしてて、甘いボールを逃したりw

皆が行ってるとこはどのくらいの精度のボール投げてくれるのでしょうかね?
ちょっと気になります。少し遠いけど他のとこ行ってみようかな・・・。

ちょっと言い訳くさい日記でしたw
ではまた。

| | Comments (130) | TrackBack (0)

February 14, 2005

連休のようで、

金・日と休みだった私ですが、いろいろありました。
リーグ戦も最下位で終わったし日記も再開と・・・。む、ツマラン。

金は久々のスノボ。何故か気まぐれに車山へ行ってみました。
意外にも初めての車山は超良い天気。
暖かいだろうと思って薄着でゲレンデ行くと晴れてるのに寒い。
実はかなり標高が高く、頂上は1952mもあるのです・・・。

更に、周りに高い山が無いため頂上からの景色は360度見渡せます。
南に富士山、北は浅間山、東には八ヶ岳、西には日本アルプスなどが
一望できる贅沢三昧。

少しだけ画像を・・・
yama2
南方向・奥に見えるのが富士山
yama3
北東方向・右奥が浅間山
頂上はリフト降り場から5分歩けば行けるのでオススメしておきます。

で、スキー場の方はボーダークロスのコースがあったのが楽しかったくらいで、
あとは古くからあるスキー場なので、スキー向けといった印象でした。
ついでに言うとメインレストランのカレーとパスタはおいしくなかったです・・・。


土曜はDCの第3節がありました。相手はサクラで結果は0-2の負け。
バトルは早い時間には9人いたのですが、お互いのアクトが揃う時間がずれて
しまったために、7人という変則的な人数でやることに・・・。
しかも、予約の時間を変えようとキャンセルしたのが、実際にはキャンセル
されておらず試合が始まってしまってあたふたしてしまいました。

そんな状態なので試合内容はよく覚えてないですが、なんだか惨めな気分。
今回の最下位の原因は、ベストな状態で試合を迎えられない私のキャプテンシーかな。
とりあえず、責任を取ってキャプを辞職したいと思います・・・。

いやまて、てかね、私もとからキャプテンじゃないし!
バトルです、キャプテン募集中です・・・。


そしてそんなことがありつつも日曜はゴルフですw
睡眠2時間の強行日程で・・・。
朝一スタートなので、6時過ぎに出発して7時前に到着。
スイング改造をはじめて約4ヶ月、当然白ティーですけど、
ようやく元のレベルまで戻ってきまして、48/48の96回。(グリフィスさん風)

今回はかなり出入りが激しく、1バーディー(人生2度目)と5パーを取れた
のですが、トリプル2回、ダブルパー1回と大叩きがありました。
相変わらずアイアンがトップしまくりなのでその辺をなんとかしたいところ・・・。


余談ですが、宮里・北田が女子ゴルフW杯で優勝しましたね、北田はかなり
厳しい戦いでしたが、17番のパット、私も思わず涙ぐんでしまいまいした。
それにしても、宮里藍は凄い。若さゆえの勢いなのか、メンタルが相当強いのか。
とても19歳とは思えないです・・・。


長くなりましたが、最後まで読む人がいるのかは謎ですw
ではまた。

| | Comments (109) | TrackBack (0)

January 24, 2005

本調子

DCをプレイしてるとなんか調子が悪いときがあるんです。
推測ですがDCプレイヤーの中でも、常に好調を維持できる人は少
ないのではないでしょうか。

もちろん神、いわゆるゴッドな才能を持ったプレイヤーなら例外もあ
るかもしれませんが、私を含め多くの一般プレイヤーはそうもいかな
いわけです。

例として、
・前回のプレイから間を空けたとき(練習不足)
・体調が悪いとき(寝不足・お酒w)
・他のゲームをプレイした後
などがあります。

サッカーゲームという性質上、自分の調子が悪いと周りの味方に迷
惑をかけてしまったり、その結果自分が落ち込むこともありますね。

以前は最悪なケースとして、自分の調子が悪いのに周りが悪いのだと
思ってしまうこともありました。
ある程度上達すると誰しもが経験するのではないでしょうか。
ですが、本当に調子がよい時は周りのミスも予想できるものです。

ですから、そういうメンタル的な安定度も大事なんじゃないかと思う
今日この頃なわけです。スポーツと同じですね。


で、昨日のラウンドです。55・50の105…。
ゴルフでも、まだまだ本調子というわけにはいかないのです。
新しいスイングもだいぶ慣れてきたのですが、ラウンド前に練習がない
といきなり上手くは出来ない・・・。
今の私にとって練習場のないゴルフ場は危険。

そして、ようやくスイングを思い出してきた午後。それなりに良いショット
が出始めたのも束の間。新たな敵が出現!
yuki1yuki2
雪が降ってきましたw

今度はメンタルが崩れ始めるのです。手とかグローブは濡れて冷たいし、
元々難しめのグリーンにはうっすらと雪が積もり速さもラインも読めない
し、手は冷たいし。未熟な私では到底やられちゃうわけ。

本調子がでれば、100なんて切れるでしょうが、
「ゴルフの難しさとは、本調子を出すことの難しさにあり。」

と、スコアの言い訳をするために長々と文章書く私がいるのでした。
ではまた。

| | Comments (133) | TrackBack (0)

December 26, 2004

初スノボ

ようやく行ってきました。夜出発して夜中に到着。

01
気温は-8℃。
うん、スノボって感じですね。
場所は8月に紹介した(夏休み)とこのスキー場です。
サイコロさんが近所に住んでるみたいです。

02
天気は最高。
手前に写ってる車見れば分かりますが、朝方に積雪があって一面真っ白。
でも、滑れる所はまだまだ少ない。リフト8本中、動いてるのは3本。
ピステ後に積もってしまったので、バーンが柔らかくてちょっと残念・・・。

03

それでもまー、久々のスノボは楽しいもんです。
初滑りですから、ホントは少しずつ体を慣らしていくものなんですが、
いきなり全開で飛ばしてしまうのはいつものこと。
更に、数回激しい転倒したのもあって、明日は体中痛いのは確実ですがw
毎年のように、オフトレしとけば良かったと思う次第ですね・・・。
(画像は市街地を見下ろす景色。)
04
とりあえず、年末までになんとか行けて良かったです。
ではまた。
左・雪を持って帰って家でミニ雪だるまを作りました。
右・気圧の差で帰ったらペットボトルがペシャンコに!

| | Comments (36) | TrackBack (0)

November 22, 2004

DLⅣ&感想

(更新しない言い訳)、DLⅣも終わったのでぼちぼち再開。
でDLⅣを振り返ってみる。(チーム名は敬称略)
最後の方にリーグ戦について考えてみたのでそちらだけでも読んでみて
ください。

・Foot戦 1-1 引き分け
初戦ということでお互いに動きが硬かった印象で、バトルよりフットの
動きが思ったより良くなかったかな。
そして前半の終わり際、ノブさんが得たゴール前FKを横取りシュート。
見事先制。その後、優勢に進めるもフィニッシュまでいかないのはいつ
ものこと。で、後半終わり際にBreezeさん得意の個人技からシュートが
決まってしまい勝ち点2を逃した格好。

・ACW戦 0-5 負け
ノブさんが寝たのでFWにcrjさんを入れた前半。
実力では上回るACWに多少押されながらもお互いにチャンスを作りきれ
ない拮抗した展開で両チーム無得点。そして悪夢の後半・・・。
結果的には後半のGK交代が大量失点に繋がったと思われがちですが、
その裏にはメンバー交代によりDFラインの調整と中盤のプレスのバランス
を崩したことが一方的な展開になった原因だと思っています。
但し、メンバーは敗戦に関しての責任を感じる必要はないですよ。
ミーティング不足だったのと、全員を希望のポジで使うという方針だったの
ですから。
ただ、謝らなければならないのは、私が感情的になってしまったことです。
オウンゴールのことです。 未熟者をお許しください…。

・FCスピリタス戦 2-1 勝ち
今回はフォメを4-1-3にしてきたFCS。個人的に好きな選手、kunkunさんと
Memphisさんに決定的な仕事をさせないという意識で望みました。
そして、DLⅢの時よりも上手く試合をすすめることができたと思います。
スコア以上に優勢だったんじゃないかと思います。それだけ決定力に欠けて
いるということでもあるのですけどね…。勝ったので良しとします。

・rabenschwarz戦 3-0 勝ち
RSはいつまでもメンバーが揃わず、試合しないまま終わると思っていましたが、
特別ルールにより、RSはHさんとAlmeydaさん(共にWAVE)をいれてやることに。
そして、バトルもこの日は人数が揃わず男米選手(JA)に助っ人を頼みました。
Dさんのナイス判断だったと思います。(賛否あるのは当然ですが)
この試合自体はやることだけに価値があったと思いますので内容は書きません。
男米さん、急な助っ人ありがとうございます。
というか、HさんとAlmeydaさんのお二人は4連戦お疲れ様でした。

結局、決勝には行けなかったのですけど、いろいろ経験できて良かったです。


【リーグ戦について】

その後、時期リーグ戦についての話し合いがありましたが、私個人の意見を一応
述べておきたいと思います。

・開催間隔については、リーグ戦以外のイベントを起こしにくくなる可能性を考え、
2ヶ月程度の間隔でも良いかなと思います。2部リーグ制については賛成です。

・各試合は日時指定でも構わないと思います。決まっていればリアルの都合も
つけやすいでしょうし、ダメならあらかじめ補強しておけます。
ある程度の予備日を設けておけば、緊急の事態にも備えられると思います。
(対戦カードを先に決め、試合日は週単位の指定でも良いかも。)

・それでも人数がどうしても足りないのなら、登録制助っ人(*)はアリだと思います。
但し,制限とペナルティを決め、助っ人で有利にならないような配慮が必要です。
助っ人一人につき、得失点差をー1とか、勝ち点ー0.5とか。

*登録制助っ人
リーグ不参加の選手があらかじめ助っ人登録をしておき、運営側が派遣・管理をする。

どうでしょ・・・。

| | Comments (325) | TrackBack (0)

September 24, 2004

ゴルフ×2

え~、昨日と一昨日の二日連続でラウンドしてきました。
初の連荘。始めてから12と13回目のラウンドです。

初日。朝の練習ではイマイチでしたが、一打目から何故か絶好調が続きます。
私ぐらいのレベルだと、ダボペースでいかにボギーを取っていくかという気持ち
なのですが、ショットが冴えまくってダボを叩く気配が無かったのです。
そして、ボギー6、パー2、バーディー1と信じられないスコア。
計算すると、41!ハーフベストスコアです。
なんだか、100切りどころか90切りを狙えそうな感じです。

しかし、そううまくはいかないのがゴルフ。
昼食を挟んでの後半の一打目。力が入ったのか、出ましたOB・・・。
それを取り替えそうと無理をしてしまい、いきなり+5叩いてしまいました。

その後、逆に気持ちが楽になりボギー。だけど、頑張ろうとするとダボ、トリ。
うーん、改めてメンタルなスポーツだなと思い知らされるわけです。

結局後半はダボペースの54で合計95。前半の貯金のおかげでなんとかベスト
スコアを更新することができました。
ベストスコア、ベストハーフ、ベストパット数、初バーディ、16yロングパットと
この日のラウンドは記録ずくしでした。

そして、二日目。この日は朝一からパーを取れたものの、調子は昨日の後半
のような感じで、OUT・INともに52で104。いまいちパッとしないラウンドでしたが、
実力的にはこんなものかな、という感じでしょうか。

オチのない日記でした。ゴルフ談義が出来る人、募集中ですw
ではまた。

| | Comments (57) | TrackBack (0)

August 23, 2004

ゴルフ日記

休みの前の日とか、いつも夜更かしする私がたまに早く寝ます。
そういう時は大体ゴルフかレジャーと決まっております。

んで今回はゴルフ。前回のOB地獄の借りを返したいところです。
ゴルフ場は私のベストスコアを2回出した所。簡単で距離も短いのでスコアを出すには
良いゴルフ場なのです。

朝一のスタートなので7時前には現地に到着。
それから少し練習。先週は3回練習所に行ったかいもあって、なかなかの調子です。
前回のOB地獄は朝の練習が無かったのが原因の一つかもしれません。

1ホール目。オナーを引いたのでそのゴルフ場のその日の初ショットが私です。
そして何も考えず練習の通りにスイングしたら、これがナイスショット。
朝一のナイスショットはかなりの気持ち良さです。マジで。超おすすめ。

でこのまま解説してもアレなので、中略。
18ホール目。パー4の第四打は1.5mぐらいのパット。ラインは微妙なスライス。
頭の中の計算ではコレを沈めれば100を切れるという勝負の一打。
打ち出した球はイメージ通りの強さと方向、そして「入った」と確信して拳を握り締める。
だが、僅かにキレが足りずにカップをかすめてしまいました。倒れこむ私w
かなりがっかりしたのですが、昼食の時に計算してみると何故か49・50の99

どうやらどこかで勘違いしていたらしく、ゴルフを始めてから11度目のラウンドでようやく
100切りを達成いたしました。っほ。

が思ったより嬉しくなかったのは何故でしょうか・・・。
普通に考えれば、100切りなどは誰でも通る道。
これは通過点で、自分の目指す半分に来ただけのこと、ということかもしれません。
DC同様、結果は良くても内容で満足できない、という部分も多々あると思います。

まぁ、ゴルフ後のお風呂の気持ち良さはいつもと同じように最高でしたけどね。

| | Comments (167) | TrackBack (0)

July 26, 2004

がーん、OB地獄

昨日は10度目のラウンドに行ってきました。
最近、ちゃんとした練習はあまりやってなかったんですが、
前回、前々回と102というスコアだったので今度は100切りに
挑戦といったところでしょうか。

なので今回は前日にも練習をしてちゃんと早く寝て万全の体調でのぞみました。

ダメでした、117・・・。100切りどころか110台に戻ってしまいました、わたし。
ここ数回は何かしら不安を抱えながらもなんとか大崩れしなかったんですが、
朝一から連続OB・・・。
これはヤバイかなと思い、今日のために買っておいたお洒落な熊マークのボール
は使わずに拾ったロストボールでプレイすることに。
結局OB9回、池1回、謎のロスト1回とボール10個以上なくす始末。
全然飛ばないのに、なぜか危ないところにボールが行ってしまう。

ゴルフでたらればは禁物ですが、単純にOBなかったら100切ってた・・・。

んでいろいろ考えて、どうやら私オーバースイング気味になっていた模様。
体調に不安があったほうが、押さえがきいてよいスイングになっていたのかも
しれません。
どうりで練習でボロボロでも本番だとうまくいっていたんですね・・・。

次こそは、100切りを目指すぞっと。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 18, 2004

ゴルフ観戦

今帰ってきました。
東名カントリークラブで行われたスタンレーレディスゴルフトーナメント。

入場料は1000円と安いうえに連休ということもあってギャラリーの人数
もかなり多かったです。

gazou/18
18番ホールで最終組(宮里藍・不動裕理・服部道子)を追いかけるギャラリー達
やっぱり宮里藍の人気は相当なものなんだと実感いたしました。
先回りして何度か間近で見ることができましたけど、実物はカワイイというより
なんか堂々としていてカッコイイです。
歩く姿勢が良いし、風格が漂いますね。
miyazato1
9番セカンドショット
不動はTVだとどうしても顔に目が行ってしまうのですが、生で見る真剣な表情
はアスリートのそれでしたね。意外とカッコよかったのですよ。
関係ないけど、髪の毛がサラサラして髪質が良さそうでした。
んで優勝インタビューでは意外に面白いこと言うし、声も良いんですよね。

ゴルフ自体は男子に比べて迫力もないし、まだ10代なのにとか、そういう視点で
見ることになります。
ティーショットで体全体を使ったスイングぐらいでしょうか、見所は。
それだけに横峯さくらの予選落ちが悔やまれる今回の観戦でした。

明日は元気だったら富士登山記録です。お楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧