June 20, 2005

加地、DF論

コンフェデ、数々の決定機に加え大黒様のナイスゴール!祝勝利。

そして加地、最近の鬱憤を晴らすかのような活躍っぷり。
試合後のコメントでも、自分をもっと出せる、と頼もしい発言。
Dさんも喜んでるに違いない。
なんか2001コンフェデの鈴木の活躍を思い出してしまいます。
本大会でゴール!→欧州移籍なんてことになったりして・・・。

それにしても、今回のギリシャ。。。
アレは、ホントにユーロチャンプのギリシャなのか・・・
メンバーは多少違うにせよ、カザフかウズベクを見てるかのようでした。
レーハーゲルも完敗宣言ですし。


DC、最近某EMPZカピタンさんや某フランス国歌の方がDFなどについて
の記述を公開しています。

前者はマンツーマン、特にDCの仕様に特化した局面での対応が主で、
後者は、ピンチの時の守備戦術について詳しく解説してあります。

それぞれ、方法論や戦術的な違いがありますが内容がしっかりしていて
ユースの方にもかなり参考になるのではないでしょうか。
既に読まれた方も多いでしょうが、まだの人にはオススメしときますね。

私もなにか、DC界の役に立つ記述をしてみたいと思っているのですが、
思うように考えが(シンプルに)まとめられずにいます・・・。

まぁ、そのうちってことで。。。ではまた。

| | Comments (286) | TrackBack (0)

May 28, 2005

(誕生日を)祝ってもらうのは1年ぶりなんで・・・

◆キリンカップ
2連敗でホーム開催のキリンカップは最下位という結果でしたね。
結果はともかくとして小野のトップ下wが良い感じ。ただ運動量少ないし、
ボランチとしてはどうかと思う場面が多々あったような・・・。
バーレーン戦では俊輔、中田など加わってどうなるのか見物です。

◆DC
リーグ戦が開幕しました。
今回はDC初の2部制リーグということで、上位争い以外にもいろいろ
注目できて盛り上がりそうですね。
実際、昨日は最大ログイン数が250人という時間帯もあったようです。

バトルは2試合を消化して2勝と結果は上々。これからも厳しい試合が
続くでしょうが、頑張りたいですね。
感想は全試合終わってから書こうかと思います。

それと、背番号が固定されましたね。
私は鈴木隆行選手と同じ30にしてみました。サクラのジュリさんも30
をつけてるのですけど、彼は選手として30番をつけていたらしいです。

私は、決してナニかの長さというわけではありません。

◆鈴木隆行
今日のタイトルは彼の名言です。
鈴木隆行といえば、私のDCネームSUZUKIの由来の選手なんですけど、
意外にもあまり鈴木に関して語ったことがないですよね、私。

日本代表などの試合を見て、鈴木ダメだーって思う人は結構いると思い
ます。私も凄く良いプレイヤーだとは思いません。が、好きなんです。
といっても、盲目的な信者というわけでもないのです。

あまり鈴木を知らない・好きじゃないって人は、少し古いですが
NumberWebのインタビュー
を一度読んでみてください。彼の良さが少しわかるかもしれません。

日本代表に鈴木隆行が不要になった時、日本が強豪国になれるのです。
そしてそうなる日が来る事を願っている私SUZUKIなのでした。

ではまた。

| | Comments (101) | TrackBack (0)

May 27, 2005

サッカー名言 プラティニ編

最近のDCでは、どちらかといえばロースコアな試合が好きです。

このセリフを知ってる人も多いでしょう。
「サッカーはミスのスポーツ、プレイヤーが完璧なプレイをしたらスコアは永遠に0対0のままだ。」
プラティニの有名すぎる名言です。
サッカーの勝敗を分けるのはゴールですが、逆を言えば,殆どのゴールの影には
必ずミスが存在しているということです。

実際の一流選手と私たちがDCでやっているモノとは次元が違いすぎますけど、
失点を減らすにはミスを減らすという簡単な図式は共通していると思います。
そして、ゴールを決めるには相手にミスをさせればいいのです。

レベルが高い=ミスが少ないからゴールも少ないという考えなのです。

その時の状況にもよりますが、自チーム又は自分がゴールを決めた時でも相手チーム
の簡単なミスによる得点を素直に喜べず、残念に思うことがあります。
私が変わり者なのかもしれませんが・・・。

ただ、これを読んだ人がネガティブな方向にばかり受け取って欲しくないと思います。

サッカー(DC)には高レベルのプレイヤーが許容できる範囲すら超越した、ミラクルな
プレイもまた存在するわけです。
そういったファインプレーがミスを帳消しにしてくれるのもまたサッカーの醍醐味ですしね。

ミスを減らすことは大事ですが、それだけに終始していたらミラクルもまたありえません。
かといって、ファインプレーばかり狙っていては単なる波の荒い選手に成り下がります。

その辺のバランスが良いプレイヤーというのが、本当の一流選手と言えるんだと思います。


結局何が言いたいかよくわからなくなりました・・・。ま、好みですよ。
ロースコアでのミスが許されないという緊張感のある試合が好きなんです。

今日からリーグ戦です。皆さん、緊張感を持って集中力を切らさない試合をしましょう。
ではまた。

| | Comments (234) | TrackBack (0)

October 23, 2004

ダイスラークライスラー

 ping送信の機能ないのかな~と、ブログの設定をよく見てみたところ
匿名(メルアドなし)でのコメントが禁止されているのを発見しました・・・。

 コレか!コメントが無いのはこのせいだな!
と、内容は省みず設定のせいにしてしまう今日この頃。
え~、匿名(メルアド)なしでもコメントできるようになりましたw

話は全く変わって、チャンピオンズリーグ。
先日のユーべ対バイエルン、CLでは意外にも初対決という顔合わせ。
結果はユーベが勝ちましたが、そんなことより直前にダイスラーが離脱して
いる
んです。

そもそもサッカー選手がうつ病ってのも想像しにくいんですけど、
スタジアムで「頑張れ~」などと応援するのは禁句なのでしょうか?
ましてやブーイングなんてされた日には自殺しちゃうんじゃないか心配です。

バイエルンの公式ページは日本語もあるのでチェックしたところ
近日中にトレーニング再開、となっていました。
一安心とはいえ、実に扱い辛いし、悲運な選手だな。才能があるだけに・・・。

んでついでに、チーム→プレイヤーで選手のプロフィールを見ていたら
既婚の選手には、夫人の名前が載っているんですね~。
ま、それは家族だし普通なんですけど、未婚の選手には彼女の名前が
載っているんですよ!意外とオープンなのね。

シュバインシュタイガーの場合、未婚(彼女:ダニエラ) のような記述。
彼女と別れたりしたら、変わるのかな~。もし、二股だったら書かれていない方は
本命じゃないことがバレちゃいますね。んー、気になるw
更に不倫してたら、既婚(夫人:○○、彼女:○○) てなってたら面白いな・・・。

というかね、デミチェリスとハシェミアン、未婚しか書いてないんですよ。

彼女いないのね!w

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 20, 2004

ハットトリック

先日の磐田-鹿島戦、ご覧になられましたでしょうか・・・。
週末のスポーツニュースなどで知っていると思いますが、鹿島の鈴木選手が
初のハットトリックの偉業をみせてくれました。

1点目はクロスからヘッドでやや後方に流す技ありゴール。
2点目は鈴木らしいPKゲットを自らが決めるナイスゴール。
3点目はバロンがヘッドで流したボールに素早く反応し、ゴール前で
左足シュートフェイントで切り替えして右足でゴール。え?これ鈴木?
と思わせるようなゴール。
(見逃した方はIRCまでどうぞ。)
その他もかなり良い感じの場面もありましたね。

でも磐田の開幕から勝ち星がない状態にガッカリしつつ、鈴木のハットなんて
もう二度と見れないかもしれないし、なんか複雑な心境。

磐田はそのうち立て直してくる力はあると思うので鈴木の初ハットに
素直におめでとう、といっておきます。

そういえば、大久保もハットを記録しましたが、初めてだったのね。
こちらは意外だなw

ではまた。

| | Comments (275) | TrackBack (0)

September 16, 2004

気がついたら、   &CL

随分と更新してなかったですね。

チームが新しくなって、新人を獲得したり、DCやZCのリーグ戦があったり
バトルのチームサイトを移転リニューアルしたりと若干忙しい今日この頃
なわけです。

それはそうと、今朝のレバークーゼン-レアルマドリーの試合は面白かった。
マドリーファンの方には残念な結果でしたが、01-02レバークーゼンに魅せら
れたミーハーな私としては、とても興奮してしまいました。


あの頃とはメンバーもガラっと変わりましたけど、当時を彷彿させるような
サッカーはハマればかなり楽しいですね。
今年もまた、CLでレバークーゼン旋風を巻き起こして欲しいものです。
ただ、選手層の薄さが心配ではありますが・・・。

| | Comments (75) | TrackBack (0)

June 24, 2004

ウーム、ドイツ(笑)

ユーロ、グループリーグが終了しましたね。
いろいろ波乱がありましたが、その中でもドイツ(笑)には正直
がっかりした方も多いでしょう・・・。

スペインは仕方ない。選手起用には疑問の声もありますけど、
最後の相手はホスト国だったし、守りの戦術なんて出来ない
お国柄だから。(勝手な解釈ですが・・・)

イタリアも頑張った。トッティのことは全く擁護する気も起きない
けど、他の選手は悪くなかったと思いますね。
イタリアは得点の少なさに泣いたわけですけど、そいういうサッ
カーをやっているわけで、ルール上これも仕方ないよね。

でもでもドイツ(笑)はさ、単に弱かったよ・・・。
正直、オランダ戦の後は多少期待してました。やっぱり、ドイツ
本番で強いんだなと。
だけど蓋を開けてみれば、ラトビアに勝てないわ、決勝T進出を決め
てゴルフ三昧のチェコ2軍に負けるわで、もう見てらんない・・・。

ていうかドイツ(笑)さん、2年後大丈夫ですか・・・?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 17, 2004

サッカーいろいろ

小野鈴木
先日のやべっちFC、皆さんご覧になられたでしょうか?
私の好きな日本人プレイヤーである小野と鈴木の両方が一緒に
登場するなんて、まさに最高の企画!

企画自体は小野のテクニックがメインで、もちろん素晴らしいかった
のですが、鈴木のキャラクターも良かったです。
「得意なプレイはないんですけど、しいて言えば気持ちですかね」
そして、小野に「師匠」と言われる鈴木。いろいろな意味でサイコ-
でした。
見逃した方、IRCで師匠を見せてくださいと言ってみてくださいw

ユーロ2004
DL2と同じく、波乱の幕開けとなったユーロ2004。
で注目したのはやはりドイツーオランダ戦。結果は1-1のドロー
ユーロ直前、不甲斐ない試合をしたドイツは今回はダメなのかと
思ってましたけど、本番ではなんとか建て直したのでしょうか。
クラニーやシュバインスタイガーら若手も積極的なプレイで今までの
ドイツとは一味違うサッカーをみせてくれて、良かったです。
もっと観たいので、是非勝ち残って欲しいところです。

ていうかフリンクス、来季バイエルンですかそうですか・・・w

| | Comments (3) | TrackBack (0)